社会人でも働きながら合格できる!スマホを活用した資格試験の勉強法を徹底解説!

>

スキマ時間でどこでも勉強!一問一答アプリ

スマホで資格試験の勉強をするに当たって、便利なのはやはり学習アプリです。
iphoneやアンドロイドには、司法試験、司法書士試験、行政書士試験などさまざまな試験専用の一問一答式アプリがあります。

このような一問一答アプリは、それこそ通勤電車などのスキマ時間でも、少しづつ気軽に挑戦できます。
そして間違えた問題については丁寧な解説が表示され、誤答問題だけをあらためて挑戦することもできます。
そのため、毎日の通勤時間などを利用して、試験に必要な基礎知識を確実に蓄積することができます。

一日20分程度の利用でも、一ヶ月の積み重ねではおよそ10時間の勉強になります。
わずかなスキマ時間も無駄にできない社会人の試験勉強には、このようなアプリの利用は必須といえます。

社会人の勉強にはスケジュール管理アプリを

働きながらの資格取得には、勉強量はもちろん、試験に向けた効率的な勉強のスケジュールを立てることが必須になります。
試験当日までの年間スケジュールであれば、一年の序盤は基礎知識の習得、中盤は過去問や練習問題をこなして合格点を目指し、後半から試験直前までは総仕上げという感じです。
そしてスマホアプリには、資格試験の参考書や問題集など、直接、勉強に利用するだけでなく、勉強そのもののスケジュール管理をしてくれるものも数多くあります。

一年をかけた勉強の進捗状況を把握し、遅れていれば勉強に力を入れつつ、こまめな達成感を得ることは、勉強の励みになるものです。
また仕事と勉強ばかりの日々ではストレスが蓄積し、学習効率が低下してしまいます。
スマホのスケジュール管理により、進捗状況がいい場合は、月に2、3日は休息日を入れるなどしてリフレッシュすることも大切です。


社会人の資格試験勉強に役立つスマホアプリを徹底紹介!

この記事をシェアする